FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形 【特報 追う】ご当地検定 参入の勝算はあるのか

【高島屋のお歳暮】[山形屋海苔店]のり詰合せ(205869/000)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071101-00000056-san-l02
 ≪乱立気味…目的とテーマ、戦略が大切≫

 京都、江戸からタコ、妖怪まで-。平成16年に京都検定が生まれて以降、特定の地域の文化や歴史、産業についての知識を認定する「ご当地検定」が、目的、スタイルを多様化させながら急速に広がっている。数件だった検定数は100件を超え、現在も週1件ペースで増え続けているという。東北でも、青森、宮城がそれぞれ新規参入する予定と、ブームが衰える気配はない。(松本健吾)

 「京都・観光文化検定試験」(京都)で、ご当地検定が爆発的なブームになったのが4年前。この京都検定や「江戸文化歴史検定」(東京)は、1万人以上の受検者を集めるほどの人気を博している。




 日本商工会議所によると、当時は数件だったご当地検定が、現在、全国の商議所主催のものだけで51件、自治体や観光協会、NPO法人(民間非営利活動法人)主催も含めると111件にまで増えた。

 「地域検定振興協議会」(東京)事務局の石黒基国さんは「ここ1年、検定数は週1件ペースで誕生している。来年、再来年に立ち上がる検定の相談も寄せられており、まだまだ増えそうです」と語る。

                   ◇

 石黒さんによると、商議所が主催し都道府県単位で歴史、文化、観光を問う“定番スタイル”のご当地検定はもはや飽和気味。検定の目的や内容が細分化されながら増えているという。

 例えば、出題が魚介類に限られた「明石・タコ検定」(兵庫)や、出身の漫画家、水木しげる氏にちなんだ「境港妖怪検定」(鳥取)といった地場の特産品や地域の特徴に出題テーマを絞ったもの...

ニュースの続きを読む


【高島屋のお歳暮】[山形屋海苔店]のり詰合せ(205869/000)






2007年11月02日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形ならこれ! つぼみ黄色 桜の新種 理研など、来秋に花苗販売 | 山形県 新聞速報TOP | 山形ピックアップ! >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。