FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形についてのメモ。

シャディのお歳暮 山形名物芋煮会セット
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071029-00000001-pia-ent
日本・カナダ・イタリア合作の「シルク」が東京国際映画祭のクロージング作品に選ばれ、映画祭最終日の10月28日に記者会見が行われた。登壇者は監督のフランソワ・ジラール、主演のマイケル・ピット、プロデューサーの酒井園子。マイケルの相手役を務めるのは、“第2の菊地凛子”と注目を集める芦名星(あしなせい)。彼女についてピットは、「言葉の壁が役立ったよ」とコミュニケーションが思うようにできないことが逆に演技では生かされたという。

⇒ 芦名星、中谷美紀の写真

本作は「海の上のピアニスト」などの名作を生み出してきたイタリアの作家アレッサンドロ・バリッコのベストセラー小説の映画化で、19世紀のフランスと日本を舞台に、主人公エルヴェと妻・エレーヌ、エルヴェと日本の少女の2つの純愛を描く。


昨年の2~3月には日本の長野と山形でも撮影が行われ、約1年半ぶりに来日したマイケル・ピットは「ナンダヨッ!」と茶目っ気たっぷりの挨拶。一方、原作の熟した恋愛物語と日本の文化に惹かれたという監督は「詩的な小説を映像化するのは難しいと言われてきたけれど、私はもっとも適していると思った」と、魅力的な作品であると語った。

合作ということで日本からは役所広司、中谷美紀、そして芦名星がキャスティング。芦名との共演について、「僕は日本語が話せないし、彼女は英語が話せない。コミュニケーションをどうやってとろうかと考えていたんだけれど、演じているキャラクターは言葉が通じない設定...

ニュースの続きを読む


愛情込めて育てあげた山形県庄内産コシヒカリ19年度産新米収穫祭!庄内町産特別栽培米スペシャ...






2007年10月31日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形最新ニュース:<カレー鍋>ブームに? 食品メーカー続々参入 | 山形県 新聞速報TOP | 山形 農業共済でさらに27件の不正=山形県などの調査で発覚 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。