FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形県:センターだって「地産地消」 山形給食改革、敵は天候

美味極まる本物の味。葡萄の王様!他にない甘さに自信あり!自慢の逸品!エコ栽培《巨峰》【種...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070911-00000009-san-l06
 食の安全や食育への関心が社会的に高まる中、学校給食における地産地消が叫ばれて久しいが、都市部の複数の学校の給食をまとめて調理、配ぜんする給食センター方式ではなかなか進まない現状もあるようだ。そんな中、多くの課題を乗り越えて、センター方式でもできるだけ地場産品を取り入れようとする動きも出てきた。山形県天童市の場合-。(松本健吾)

 8月20日、市内では一足早く夏休みが明けた市立天童南部小学校で、児童たちが久しぶりの給食を元気良くほお張っていた。

 メニューは沢煮椀(わん)風の汁物とキュウリやキャベツのあえ物、ハムチーズサンドや白米など。


そのうち汁物に入っているネギが、この日朝、生産者自らが、同校の給食を調理する市学校給食センターに運びこんだ地場産品だ。

 同市は、市内16小中学校、一日6200食分の給食ををまとめて調理する給食センター方式を取っている。センターでは、今年の夏休み明けから本格的に野菜の地産地消への取り組みがスタート、この日の給食は、その記念すべき一食目となった。

 同小の井上正信校長は「生産者の顔が見える食材ということで安心感が一層高まる」と地場産品の積極利用を歓迎した。

               ■ ■ ■

 この取り組みの背景にあるのが8月7日に締結された、同市の食品納入業者からなる市学校給食協力会と青果物生産業者団体の市野菜研究会との食材の購入契約だ...

ニュースの続きを読む


女性に人気No.1!肉質しまり、抜群の濃厚な旨味.当園自慢の逸品!エコ栽培《高尾》【種なし】【...






2007年09月16日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形県国際農業ジャーナリスト連盟 世界大会、東北で初開催 | 山形県 新聞速報TOP | 山形県気象観測装置を設置 酒田など庄内地方 突風発生探る >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。