FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形 甘柿食害、農家渋い顔 クマ出没に警戒 山形・庄内

でんすけ⇒ ◎メ在庫30台以上 BENQ MP620【中古/再生品】 2200lm D-MP620
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071028-00000018-khk-l06
 山形県特産の庄内柿の新ブランドとして2005年に登場した「柿しぐれ」が、思わぬクマの被害に直面している。収穫後に渋抜きする通常の柿と異なり、アルコール入りのビニール袋をかぶせて樹上で甘柿にするため、これまで渋柿に目もくれなかったクマの食害が昨年相次いだ。農家は11月の収穫期を前に警戒を強めている。

 国内の柿産地の北限に当たる山形県遊佐町で、70アールの柿畑を持つ渋谷節朗さん(67)は昨年10月末、約100個の柿しぐれをクマに食べられた。「畑でクマのふんを見つけたことはあるが、柿を40年以上やってきて食害は初めて」と驚く。


柿畑の木はビニール袋をかぶせた柿しぐれ用の実と、通常の実が混在している。袋がかぶせてある以外、色付きやにおいは同じだが、クマには柿しぐれが甘柿だと分かるらしい。

 幹にはクマがよじ登ったと見られるつめ跡がまだ残っている。渋谷さんは「他の柿には目もくれず、柿しぐれだけを狙って落とし、地面にビニールを散らかしていった」と、昨年の光景を苦々しく振り返る。
 隣の畑の農家は300個すべてを食べられたため、今年は柿しぐれの生産を見送ったという。

 庄内柿の主力は平核無(ひらたねなし)という品種の渋柿で、集荷場の施設に集め、二酸化炭素を充満させる脱渋処理をしてから出荷する。柿しぐれも同じ品種だが、農家が9月下旬ごろ、同じ木の中から大ぶりの実を選んで一つ一つに固形アルコール入りのビニール袋をかぶせ、渋みを抜く...

ニュースの続きを読む


でんすけ⇒ ◎メ在庫30台以上 BENQ PB2250【中古/再生品】 2200lm D-PB2250






2007年10月28日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形ならこれ! 冬のエコスタイルチャレンジ:県が参加募集 優良事業所の表彰も /山形 | 山形県 新聞速報TOP | 山形の話題なら・・・<競歩>谷井が4年ぶり優勝 山崎2位 全日本50キロ >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。