FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形の話題なら・・・<競歩>谷井が4年ぶり優勝 山崎2位 全日本50キロ

でんすけ⇒ CDラジオカセットレコーダー CUTEBEAT 【ラジカセ】 TOSHIBA TY-CDS3
 陸上の全日本50キロ競歩高畠大会は28日、山形県高畠町の周回コース(1周2.5キロ)で北京五輪代表選考会を兼ねて行われ、今夏の世界選手権大阪大会20キロ競歩21位の谷井孝行(佐川急便)が、50キロでは自身初の北京五輪参加標準記録A(4時間0分0秒)突破となる3時間50分8秒で4年ぶり2回目の優勝。 世界選手権で誘導ミスのため途中棄権となった山崎勇喜(長谷川体育施設)は、3時間54分6秒で2位にとどまり大会2連覇を逃した。男子50キロ競歩の代表選考会は、日本選手権50キロ競歩(来年4月、石川)も残されている。 同時開催された女子20キロ競歩では、小西祥子(大阪茗友ク)が参加標準Aを破る1時間30分49秒の大会新記録で制した。


 ◇谷井…20キロ過ぎて加速、先頭譲らず 世界選手権でアクシデントに遭った山崎が注目されたレース。だが、主役の座を奪ったのは谷井だった。全く先頭を譲らない快勝に「北京五輪へ向けて一つの収穫が得られた」と喜んだ。 序盤から先行したものの、徐々に山崎に追い上げられた。しかし、リードする強みを生かし「早い段階で差を広げて相手にダメージを与えよう」と、20キロを過ぎて一気に加速し、35キロで1分余りまで広げた。 「自分もペースを上げたのに離されてしまい、リズムが崩れた」と山崎を嘆かせた狙い通りの展開。終盤は自身も疲れたが優位は動かず、「なかなか山崎君に勝てず悔しかった」という思いを晴らした...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


でんすけ⇒ ◎メ在庫30台以上 BENQ MP770【中古/再生品】 3200lm D-MP770






2007年10月28日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形 甘柿食害、農家渋い顔 クマ出没に警戒 山形・庄内 | 山形県 新聞速報TOP | 山形最新情報・・・藤沢周平作品の魅力語り合うイベント、米倉斉加年さんらと >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。