FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形って知ってます?

お歳暮・ギフト用にどうぞ。精米 平成19年産 庄内米・特別栽培米 食味ランキング14年連続「...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071027-00000084-mailo-l05
 ◇3県5割未満、秋田は8割
 東北の企業が商品の輸出入をする際、近くの港を活用すれば輸送コストを最大3830億円削減できる――。日銀仙台支店はこのほど、東北地方の港の利用を促すリポートを発表した。安永隆則支店長は「原油価格高騰でトラック輸送の負担が増えている今だからこそ、東北の港から直接海外に輸出すれば大幅なコスト削減につながる」と指摘している。
 国土交通省の調査によると、03年に東北の企業が扱ったコンテナ輸送で東北の港から輸出入された割合は36・2%。全国平均(85・0%)を大幅に下回り、四国(33・7%)に次いで全国9地域中2番目に低かった。東北各県企業が同一県内の港を使った割合は、秋田80・5%▽青森68・1%▽岩手52・0%――と3県が5割を越えたが、宮城44・5%▽山形28・7%▽福島10・3%――と3県が5割を下回った。



 一方、06年に各県の主要港から輸出されたコンテナ全体に占める空コンテナの割合は、八戸港54・6%▽秋田港73・1%▽酒田港43・5%▽仙台塩釜港28・5%▽小名浜港59・8%――に上っており、特に輸出時に貨物船が有効活用されていないのが現状だという。
 東北の企業が商品を輸出する場合、コンテナの多くはトラックなどで東京や横浜の港に輸送され、海外へ輸出されているとみられる。しかし、原油価格の高騰で、トラック輸送のコストは上昇中。日銀仙台支店は、東北地方の全企業が船などの利用を増やし、トラック利用率を全国レベルまで下げた場合、6県の総生産合計(約33兆円)の約1%に当たる計3830億円のコスト削減につながると算定している...

ニュースの続きを読む


自分にご褒美季節の花50本






2007年10月28日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形選挙:米沢市長選 来月16日に公開討論会 /山形 | 山形県 新聞速報TOP | 山形最新女子1500mで田畑が9連覇達成/スケート >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。