FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形ナマでもウマイ?茨城の「常陸秋そば」

十四代 秘蔵古酒720ml
【PJ 2007年10月26日】- 秋晴れの24日、茨城県土浦市で「常陸秋そば」の製造システム技術検討会が、茨城県農業研究所の主催で開かれた。国内そばの最大の産地は、作付面積2480haを誇る北海道で、実に国産の36.6%の実績(平成18年度)を誇っている。一方、出荷量全国第6位の茨城県の有名ブランドが「常陸秋そば」。1978(昭和53)年、県内山間部の久慈郡金砂郷(かなさごう)村の在来種から選抜し、1985(昭和60)年に県の奨励品種に認定されて以来、全国の有名そば職人から高い評価を受け続ける名うてのそばである。

 「常陸秋そば」の栽培上の特徴は、1)葉が大きい。2)一株辺りの花数が多い。3)異型粒率が少ない。


4)千粒重が増えた。5)粒ぞろいが良くなり、品質が向上したことなどが上げられる。この日説明に当たった地元筑波研究学園都市の食品総合研究所・堀金彰(ほりがね・あきら)農学博士は、「食感がよく、香りが高い」点を強調。自らも大のそば好きとあって、開発に力を注いだ低温製粉機や、ハイブリッドミキサーの説明に力が入る。「十割そば」で提供するように仕向けられたこの製造方法では、「ナマでも食べられるほど食感が良い」ことと、ウスミドリ色の「常陸秋そば」の特徴が注目された。

 なるほどこの「常陸秋そば」、いわゆる「細めん」でありながら、歯ごたえも香りもたいそういい。堀金博士は、「長野県の黒姫には、一食2600円のそばさえある。地元のナスやキュウリのような食材をそばに添えて、差別化を図る努力が茨城でも必要」と強調...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


リオ カヤック/中古=セビラー






2007年10月27日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 最新山形情報:元主任が1800万円着服=顧客預金から-山形信金 | 山形県 新聞速報TOP | 山形 布袋寅泰 日本武道館公演が決定!! >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。