FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形についてのメモ。

細井平州『興譲館学則』コロタイプ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071026-00000095-sph-soci
 百貨店の山形屋(本店・鹿児島市)が、宮崎県産ブロイラーの炭火焼き商品を「地鶏」と不当に表示してネット販売していた問題で、東国原英夫知事は25日、「(食品偽装問題が相次ぐ)この時期に単純ミスの一言で終わるのか、疑問は残る」と話した。「偽装ではなく入力やチェックのミス」と主張する山形屋の危機感のなさに激怒した形だ。知事は商品にプリントされている自らのイラストについて見直しを示唆。山形屋は今後、知事に直接謝罪しに行く予定だという。

 自らの代名詞と言っていい宮崎産地鶏をおとしめることになった今回の事件に、東国原知事の怒りが爆発した。




 「消費者は地鶏と信用して買うので、その意味で安全、安心が損なわれた。(山形屋の販売方法は)非常に安易だ。厳正に厳重に受け止めてほしい」と訴えた。

 山形屋では、今年3月から8月にかけて、ホームページ上で宮崎県産のブロイラーの炭火焼き商品を「地鶏」と不当に表示して販売していたことが判明。「担当者の入力ミスと内容のチェックミス」と説明していた。

 しかし「ちょっとした手違い」と言わんばかりの言い分に知事は「この時期に単純ミスの一言で終わるのか」と苦言。三重の赤福、秋田の比内地鶏、鹿児島の黒毛和牛コロッケ…全国で食品偽装問題が連鎖する中、山形屋側の対応は、危機感ゼロと映ったようだ。

 知事の怒りを受けて山形屋では「ミスでは済まないこと。重々に反省している」と改めてコメント...

ニュースの続きを読む


いーぐる⇒ サブテーブル【サブテーブル】 SANWASUPPLY EST-145






2007年10月26日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形 山形屋の地鶏誤表示:社長「知事におわび」 消費者、戸惑いの声 /宮崎 | 山形県 新聞速報TOP | 山形 「五重の塔」売ります…税金滞納で公売 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。