FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形 「五重の塔」売ります…税金滞納で公売

山形県高橋和義さん栽培減農薬・有機肥料100%(油カス、米ぬか、魚介類、貝化石、炭など)活用...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071026-00000094-sph-soci
 そして大仏だけが残った? 福井県勝山市は25日、同市内にある清大寺(せいだいじ)の五重の塔(高さ約75メートル)や講堂などを、11月26日から公売にかけると発表した。境内には日本最大級で知られる高さ約17メートルの「越前大仏」が存在。五重の塔と並ぶ同寺の目玉的存在だが、所有者の名義が別のため、今回差し押さえの対象にならず、公売を逃れた。今後、五重の塔の処遇次第では、寺に大仏だけがポツンと取り残される可能性が出てきた。

 清大寺は「関西のタクシー王」と呼ばれた実業家の故・多田清氏が「生まれ故郷の観光名所になるように」と建設。


総工費約385億円をつぎ込み、5年かがりで1987年に完成した。

 この寺の象徴が、日本最大級のスケールを誇る越前大仏と五重の塔。有名な奈良の大仏より2・1メートルも高い約17メートルの越前大仏。そして今回、公売の憂き目となった五重の塔も高さ約75メートルと、法隆寺(31・5メートル)や東寺(54・8メートル)といったメジャーどころを上回る大きさだ。

 勝山市によると、近年の年間来場者数は6万7000人前後。開設20周年の今年は、大仏殿でロックグループのX-JAPANのToshiさんがライブを行うなど節目の年を盛り上げた。

 公売に至ったのは、多田氏の親族が経営していた旧相互不動産(勝山市)と親会社の相互タクシーが経営悪化などで法人市民税や固定資産税を滞納...

ニュースの続きを読む


いーぐる⇒ サブテーブル【サブテーブル】 SANWASUPPLY EST-160






2007年10月26日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形についてのメモ。 | 山形県 新聞速報TOP | 山形の話題なら・・・布袋寅泰 日本武道館公演が決定!! >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。