FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

最新山形情報:全国学力テスト 東北躍進、近畿は低下 地域格差縮小、学力アップ

いーぐる⇒ USB/SDデジタルオーディオプレーヤー CUTEBEAT 【MP3】 TOSHIBA CUTEBEAT TY-DP10(K)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071025-00000103-san-soci
 今回の全国学力テストの成績を昭和30年代の大規模調査と比べると、40年間で都道府県格差が縮小し中位層が厚くなっていることが読み取れる。東北地方の躍進が目立つ一方、近畿地方は軒並み低下するなど順位的には変動が目立った。また、当時との同一問題で、「学力上昇」の傾向がでた。学習塾が学力を支えているとの指摘もあり継続した検証が必要だ。(小田博士)

 青森中央学院大の竹中司郎准教授が集計した36~40年度の平均得点(沖縄県は返還前のため実施せず)と、産経新聞で換算した今回の成績を比較すると、国語、算数・数学の2教科合計成績が全国平均を5%以上上回った「上位層」は、かつては小中で11~14都府県あったが、今回は3~4県に減少。


5%以上下回った「下位層」も13~16県から2~3道府県に減った。その分「中位層」は増加した。

 都道府県別では、かつては下位層を独占していた東北地方の上昇傾向が目立った。39~43位だった秋田県は今回1~3位に急伸。青森、山形の両県も大幅に順位を上げた。

 竹中氏は「東北の好成績は戦後、教員の指導が平均化された結果だ。ただ、問題はやさしく、通塾しない農村部の子供にも解きやすかった側面はあるだろう。得点分布が小さく、今後は順位が大幅に変動する可能性もある」と話している。

 一方、福井、富山の両県はトップ5を維持したが、上位層の常連だった大阪府はワースト3に転落。沖縄県が小中とも正答率が低く、北海道は低迷した...

ニュースの続きを読む


いーぐる⇒ ◎メ在庫30台以上 シャッフル用ケース【iPodオプション★】 ELECOM AVD-SPA2SPN (...






2007年10月26日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形 大岸製作所、建機溶接部品の3工場新設-日立建機の増産に対応 | 山形県 新聞速報TOP | 山形 <J2>首位の札幌、2位の東京ヴはともに勝つ 第47節 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。