FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

最新山形情報:おいしいコメ舌で採点 山形・庄内町がコンテスト

≪激安家具≫[訳有品]ライティング!大人の一品!展示現品処分!515
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071025-00000010-khk-l06
 ササニシキなどのルーツとなった「亀の尾」の古里、山形県庄内町は良質米の産地であることをPRしようと、11月から12月にかけ、「あなたが選ぶ日本一おいしい米コンテスト」を行う。食味計を使った評価に頼らず、計300人の審査員が実際に食べて味わいを採点するのが特徴。全国の産地から集まる自慢の300点の中から頂点を決めるユニークな試みだ。

 コンテストは、亀の尾を育成した同町の阿部亀治(1868―1928年)の顕彰祭が今年80周年となったのを機に、町が企画した。

 出品されるコメ300点と審査員300人は全国から公募。


コメは地元生産者のほか、7割が他県の産地からエントリーされ、審査員も首都圏を中心に全国各地から集まった。

 審査方法は、例えば「Aさんのササニシキ」を3合(約450グラム)ずつ10袋に小分けし、出品300点を計3000袋にする。町は産地を伏せたまま審査員宅へ無作為に10種類送る。予選として11月3―16日、各自が炊飯して食べ比べ、食味の良いベスト3に点数を付けて報告。町は得点結果を集計し、上位30点を決める。

 予選を通過した30点については12月1日、審査員10人と有識者らが町内に集まって決勝大会を行う。6ブロックに分け、各上位2点がトーナメントに進み、最優秀賞1点、優秀賞2点などを決める。

 町産業課は「先進地の静岡県やコメ卸業界のコンテストは食味計による判定でふるいに掛けられ、食べられないまま予選落ちするコメが圧倒的に多い...

ニュースの続きを読む


いーぐる⇒ ◎メ在庫30台以上 【ケーブル★USB】 SANWASUPPLY KU20-EC5






2007年10月25日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形ピックアップ! | 山形県 新聞速報TOP | 山形◎40年ぶり同時発生、猛暑に影響?=インド洋と太平洋の異常現象-海洋機構 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。