FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形ピックアップ!

いーぐる⇒ 光ファイバケーブル(3m)【光ファイバーケーブル3m】 SANWASUPPLY HKB-CT6W-3
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071024-00000058-mailo-l06
 ◇野鳥に餌をやる少女の3枚組み「厳冬のふれあい」
 米沢市の文化振興に貢献した日本を代表する写真家・秋山庄太郎氏(1920~2003年)の功績をたたえる「第1回秋山庄太郎記念米沢市写真文化賞」の入賞・入選作が決まった。最高賞の文化賞には、酒田市の無職、加藤健一さん(72)の「厳冬のふれあい」(人物・スナップ部門)が選ばれた。
 同賞は、秋山氏が生前、市内に構えたアトリエ「山粧亭」を拠点に活動し、地元写真愛好家と親睦(しんぼく)を深めたことを縁に、市が今年度創設。


花▽自然・生き物▽人物・スナップ――の3部門に、全国691人から計1938点の作品が寄せられた。
 資生堂名誉会長の福原義春さんを審査員長にした計5人の専門家が審査。文化賞を除いた部門賞には、高知県土佐市の無職、北村健三さん(60)の「日の出に咲く」(花部門)、米沢市の会社員、角田威知雄さん(58)の「踊る木々」(自然・生き物部門)が決まり、この他に入選30点を選出した。
 加藤さんの「厳冬のふれあい」は、酒田市スワンパークで野鳥に餌をやる少女2人を写した3枚組みの作品。少女たちの楽しい雰囲気がにじみ出ている点などが評価された。表彰式は11月10日、同市の伝国の杜であり、同日から18日まで同所で展示される。【湯浅聖一】

10月24日朝刊

でんすけ⇒ ◎メ在庫30台以上 薄型TVスタンド(ブラック)【AVラック★】 SANWASUPPLY DK-S26GB...






2007年10月25日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形最新ニュース:社会を構成する「いい加減でひ弱な」人たちに、言っておきたいセリフ。 | 山形県 新聞速報TOP | 山形ならこれ! 横浜新監督に新潟・鈴木監督が浮上 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。