FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形特報-【特報 追う】過熱する「仙台流通戦争」 アウトレット、駅前開発…商店街も対抗

【送料無料】エムケー(MK)自動ホームベーカリーふっくらパン屋さんHBD-816(HBD816)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071022-00000024-san-l04
 今年から来年にかけて、仙台市内ではブランド品を安価で扱う大型ショッピングセンター「アウトレットモール」の建設や百貨店の中心市街地への進出など、流通業界に大きな変化の波が押し寄せている。地元商店街も独自性を発揮して消費者の取り込みを図ろうと懸命。買い物の選択肢がぐっと広がりそうだ。(今泉有美子)

 今月8日、仙台市宮城野区の仙台港背後地センター地区で、平成20年秋にオープン予定の「仙台港アウトレットパーク」の起工式が行われた。約2万平方メートルの売り場に、国内外の有力なブランド約100店が入居する予定で、アウトレットモールとしては東北最大級となる。

 運営するのは、全国6カ所でアウトレットモールを展開する三井不動産(東京)。


同社の担当者は、「商圏は片道90分圏内と考えており、山形や岩手といった隣県からの来客も見込んでいる。一方で、地元のお客さまにも気軽に来ていただくため、スーパーマーケットやホームセンターも同時に出店する」と話しており、県内外の広い範囲から客を取り込みたい考えだ。

 また、北西に約20キロ離れた仙台市泉区寺岡には、業界大手のチェルシージャパン(東京)が同時期に70-80店が入居するアウトレットモールの出店を進めている。

 同社の担当者は、「アウトレットモールが東北地方にあまり出店されてこなかったこともあり、“アウトレット”に対するお客さまの認識はまだ低い。今回、2施設が一度にオープンすることで注目度が上がれば、お客さまの認知度も上がると考えている」と、仙台港アウトレットパークと同時期の出店を“好機”ととらえる...

ニュースの続きを読む


トロリとした舌触り!濃厚な甘さ!山形の洋梨「ラ・フランス」5k(18玉)






2007年10月22日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形最新情報・・・東京V7連勝、昇格見えた?/J2 | 山形県 新聞速報TOP | 山形<J2>東京ヴと仙台、京都と鳥栖が勝つ 第46節第2日 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。