FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形関係ネタ発見! 棚田の里で地鶏飼育 山形・大蔵 住民5人が挑戦

でんすけ⇒ 交換用ランプユニット 【プロジェクタ★オプション】 SHARP 交換用ランプ AN-C55LP
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071021-00000010-khk-l06
 農水省の「日本の棚田100選」に選ばれている山形県大蔵村四ケ村地区で、住民有志が地鶏の飼育に挑戦している。地域おこしの一環として3年前から試験的に取り組み、今秋、本格的に販売を開始した。既に同村の肘折温泉や新庄市内の飲食店で使われており、関係者は「将来は新たな特産品にしたい」と張り切っている。

 地鶏飼育に挑んでいるのは、農家や自営業者らでつくる「四ケ村やまがた地鶏研究会」の5人。飼育品種は、山形県遊佐町で長年保存されてきた「赤笹シャモ」をベースに、県農業研究センター畜産試験場(新庄市)で交配した「やまがた地鶏」。


こくのあるうま味と歯応えの良さが特徴だ。

 肉はムネ、モモ、ササミのセットでキロ単価2500円。地鶏としてプレミアが付いた価格となっているが、販路は順調に拡大している。肘折温泉では一部の旅館が地鶏鍋として提供。新庄市内のレストランでも「四ケ村で育った地鶏」として使っているほか、複数のホテル、飲食店から引き合いが来ているという。

 全くの素人だったが、試行錯誤を繰り返しながら現在、計900羽まで飼育数を伸ばしてきた。研究会のメンバーで、棚田保存委員会委員長も務める林業中島敏幸さん(52)は「四ケ村の豊かな自然で育った地鶏が、地域を代表する新たな食材となるよう頑張っていきたい」と意欲を見せている。


でんすけ⇒ 交換用ランプユニット 【プロジェクタ★オプション】 SHARP 交換用ランプ AN-C55LP






2007年10月22日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形の話題なら・・・追跡やまがた:体調崩した配達ばあちゃんに学級新聞--鶴岡・西郷小 /山形 | 山形県 新聞速報TOP | 最新山形情報:日韓交流おまつり ソウルに両国の62団体約1800人 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。