FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形 【特報 追う】少子高齢化 “なまはげ”ピンチ

でんすけ⇒ ◎メ在庫30台以上 USB PCカメラ【WEBカメラ】 ELECOM UCAM-H1C30MWH (ホワイト)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071021-00000031-san-l05
 ■伝統継承へ観光化と両立

 「怠け者いねがー、泣ぐ子いねがー」。大みそかの夜、大声で雪の集落を練り歩く異形の鬼々から逃げ惑う子供たち。秋田県男鹿市を中心に続く民俗行事“なまはげ”について誰もが抱くイメージだ。だが、日本でもっとも少子高齢化と過疎化が進む同県にあって、この古来よりの風習も存続の危機に瀕(ひん)していた。(宮原啓彰)

 「泣く子どころか子供そのものがいない。子供や新妻たちを戒めようにも、若い世代がどんどん減っている」。そう語るのはなまはげの発祥地とされる男鹿市真山地区の「真山なまはげ伝承会」の菅原昇会長(64)。




 一口になまはげといっても集落ごとに、鬼(来訪神)のいでたちや訪問時の立ち居振る舞いなどでおのおのの独自のしきたりがある。面だけをみてもどこかユーモラスな顔立ちをしたものから、大人でも泣いてわびたくなるほど恐ろしい形相をしたものまでさまざまだ。

 男鹿には約80の集落があり、かつてはそのほとんどに独自のなまはげが存在していた。ところが「20~30年ほど前から、少子高齢化と過疎化が進み、なまはげが廃れた地区が相次いでいる。いまでも続けている集落は60を切ってしまった」(同前)

 衰退と同時にしきたりも変化。本来、なまはげを演じる資格があるのは若い未婚男性のみだが、条件に見合う男性が減り、その基本的なしきたりさえ、うやむやになってしまった。

                  ◇

 「しかし、一番の悩みはなまはげの訪問を拒む家庭が増えたこと...

ニュースの続きを読む


でんすけ⇒ ダイバシティワイヤレスチューナーユニット【ワイヤレスシステム★チューナー】 VIC...






2007年10月22日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 最新山形情報:日韓交流おまつり ソウルに両国の62団体約1800人 | 山形県 新聞速報TOP | 山形最新円仁称賛 日中共鳴 山形・紅花組合が提案 来年4月 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。