FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形最新円仁称賛 日中共鳴 山形・紅花組合が提案 来年4月

でんすけ⇒ 交換用ランプユニット 【プロジェクタ★オプション】 SHARP 交換用ランプ AN-C55LP
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071021-00000004-khk-l06
 立石寺(山形市)を開基した慈覚大師円仁(794―864年)をしのび、足跡のある中国の寺院と山形県内の91寺が来年の生誕日の同時刻、一斉に釣り鐘を鳴らす壮大な計画が進められている。先月末、円仁が中国を巡礼した4100キロをたどった山形県紅花生産組合連合会(大内孝一会長)が中国側に打診し、了承されたという。1200年の悠久の時を超えた日中友好の事業に、大内会長は「円仁ゆかりの山寺を再認識するきっかけにしたい」と意気込んでいる。

 訪中したのは大内会長ら約10人。訪中前に鐘を同時に鳴らす構想を温め、立石寺と相談の上、中国側に働き掛けた。


鐘を打つ日は、来年4月14日の午前9時(現地時間午前8時)とした。

 中国側の寺院は、円仁が遣唐使の一員として838年に渡った際、巡礼した山西省の5台山竹林寺。今月上旬、釈常旺住職から「中国と日本は一衣帯水の隣国。発議の通り、寺院の鐘声を鳴らす」と快諾の意思が伝えられた。

 大内会長によると、円仁の偉業は中国でも語り継がれており、竹林寺などに円仁の像が安置されているという。

 円仁ゆかりの寺は、立石寺をはじめ山形県内に91ある。東北には瑞巌寺(宮城県)や中尊寺(岩手県)など136カ所。全国では689カ所にも上る。大内会長は今後、県外の寺にも協力を呼び掛けていく。

 大内さんらは、円仁のルーツを探る目的で9月29日、仙台空港を出発。円仁が中国滞在中の行動を記した「入唐求法(にっとうぐほう)巡礼行記」を携え、飛行機で2500キロ、バスで1600キロの行程を組んだ...

ニュースの続きを読む


でんすけ⇒ GPSユニットキット 【カメラオプション★】 SONY GPSユニットキット GPS-CS1K






2007年10月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形 【特報 追う】少子高齢化 “なまはげ”ピンチ | 山形県 新聞速報TOP | 山形ならこれ! 薪ストーブで「ホカホカ里山再生」始動 宮城・川崎 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。