FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形ならこれ! 薪ストーブで「ホカホカ里山再生」始動 宮城・川崎

いーぐる⇒ ファインダーアクセサリー【カメラオプション★】 SONY 視度調整アタッチメント(近...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071021-00000005-khk-l04
 薪(まき)ストーブの利用を通して環境問題への理解を深めようと、宮城県川崎町に「川崎―仙台薪ストーブの会」が結成され、活動を始めた。会員自らが広葉樹を伐採、搬出、加工して割安な薪の生産を目指す。作業の対価として地域通貨を発行し、薪と交換できる仕組みも導入する。炭づくりが廃れ、荒れた広葉樹林が多いため、メンバーは「手を加えることで里山はよみがえる」と森林の再生にも期待をかける。

 7月に設立された薪ストーブの会は、NPO法人「川崎町の資源をいかす会」の下部組織の一つで、会員は川崎町や仙台市、山形市などの薪ストーブ愛好者約30人。


本年度は町から借りた約1ヘクタールの広葉樹林から切り出す。

 広葉樹は30年ほどのサイクルで伐採すれば、「萌芽(ほうが)更新」で切り株から新たな芽が出る。日光が地表まで届いて種子の発芽も促し、樹林は再生されるという。しかし、製炭が衰退し、全国で広葉樹林の荒廃が進み、樹木の老齢化で伐採の適期が過ぎつつある。

 伐倒から玉切り、搬出、加工、乾燥、運搬まで、会員は薪づくりを一貫して行うため、市価より安く入手できる利点がある。薪は会員だけでなく、一般にも販売する。将来的には薪の保管場所を町内に確保する。

 会が地域通貨「きもち」を発行するのも特色の1つ。一きもちは薪一束、薪づくりの作業1時間と同じ価値。会員が高齢化し、体力的に薪づくりが難しくなることを見越し、通貨を薪に換えられるようにする...

ニュースの続きを読む


いーぐる⇒ ◎メ在庫30台以上 RS-232Cケーブル(クロス)【ケーブル★RS-232C】 SANWASUPPLY KR...






2007年10月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形最新円仁称賛 日中共鳴 山形・紅花組合が提案 来年4月 | 山形県 新聞速報TOP | 山形ならこれ! <日韓交流おまつり>ソウルに両国の62団体約1800人 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。