FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形って知ってます?

でんすけ⇒ データプロジェクター【プロジェクタ】 TOSHIBA TDP-T90A(J)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071019-00000122-san-spo
 ■北京でのリベンジに燃える

 悲劇に見舞われた世界陸上大阪大会からまもなく2カ月。北京五輪の代表選考会を兼ねた全日本50キロ競歩(28日、山形・高畠)に、第一人者の山崎勇喜(長谷川体育施設)が出場する。世界陸上では入賞争いを演じながら、誘導ミスによりまさかの途中棄権。悔し涙を流した23歳は「いまは北京しか見えていない。何が何でもリベンジします」と燃えている。

 大会後、しばらくはあの日の光景が頭から離れなかったという。「毎日のようにあの悔しいレースを思いだすんです。そのたびに胸が痛くなって…」。山崎の言う「悔しいシーン」とは、誘導ミスを指すのではない。


終盤の急激な失速のことである。

 序盤はメダル争いに絡む積極的な歩きを見せたが、35キロを過ぎてからは一気にペースダウン。「体がしびれ、自由がきかなくなった。沿道の方があれだけ応援してくれたのに、本当に情けなかった」と振り返る。

 体力は限界、意識ももうろう。そんな中、「事件」は起きた。

 「前代未聞のことですが、競歩というスポーツを知ってもらえたという意味では、プラスに考えている。誘導員を責めるつもりはありません」と山崎。仮に誘導ミスがなかったとしても「入賞はできなかったでしょうね」。ショックはもう、引きずってはいない。

 世界陸上の後は、全日本実業団選手権と秋田国体(ともに一万メートル)に出場し、貫禄勝ち。国体では自己記録を1分以上更新するなど、すっかり立ち直った...

ニュースの続きを読む


でんすけ⇒ レンズアクセリー【カメラオプション★】 SONY レンズフロントキャップ ALC-F72A






2007年10月20日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形ならこれ! 代官山に路面店集積型の新商業施設「sarugaku」開業へ | 山形県 新聞速報TOP | 山形最新情報・・・県村山総合支庁:2万年前の粘土、陶芸愛好家らに無料提供 天童のダム建設で /山形 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。