FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形最新情報・・・県村山総合支庁:2万年前の粘土、陶芸愛好家らに無料提供 天童のダム建設で /山形

でんすけ⇒ √4搭載【コンポ】 VICTOR NX-DD30-S
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071019-00000130-mailo-l06
 ◇次回は28、29日
 県村山総合支庁は天童市のダム建設の掘削工事で大量発生する約2万年前の粘土を無料提供している。陶器やレンガの素材として利用価値があり、1回目の9月28、30日には、陶芸愛好家など県内外から約120人が採掘しに現場を訪れた。10月は28、29日に実施する予定。
 現場は天童市山口の留山川ダムで、同支庁が93年度から建設事業を始め、10年度の完成を予定している。事前のボーリング調査で、掘削場所となる留山川の川底から地下約10メートルの間に大量の粘土層があることが分かった。


約2万年前の湖だった時代、湖底に堆積(たいせき)したとみられる。
 粘土は水を通しにくいなどの特性のため、普通の土砂よりも処分費用が高い。利用方法を調べたところ、県工業技術センターの成分分析で、焼き物などに使えることが確認できた。コスト削減だけでなく、ダムのPRにもなると考え、無料提供を決めた。
 1回目の採掘では、陶芸を趣味にする人が大半だったが、中には「庭の池の止水剤にする」と持って帰った人もいた。粘土はダム完成までに約5万立方メートル発生し、業者による大量採掘も相談に応じる。同支庁留山川ダム建設室(023・621・8259)に申し込む。【大久保渉】

10月19日朝刊

でんすけ⇒ ファインダーアクセサリー【カメラオプション★】 SONY 視度調整アタッチメント(遠...






2007年10月20日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形って知ってます? | 山形県 新聞速報TOP | 山形ならこれ! 県戦没者追悼式:1000人が出席--酒田市民会館 /山形 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。