FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形の話題なら・・・電子機器部品メーカー「広重産業」(埼玉県)破産、負債104億円

でんすけ⇒ SCSIアダプタ【ケーブル★SCSI】 SANWASUPPLY SCSIアダプタ AD-P50D25
平成19年6月21日付弊社特別情報で既報の当社は、平成19年9月3日、東京地裁に破産手続開始を申し立て、同日午後1時、破産開始決定を受けた。申立代理人は内田公志弁護士(東京都港区西新橋1-20-3、電話:03-5511-6211)ほか1名。破産管財人には、三山裕三弁護士(東京都千代田区六番町13-12、電話:03-3234-2750)他3名が選任されている。負債総額は104億円内外。当社は昭和53年11月に設立した電子部品製造業者。シャープ向けの液晶関連製品を中心に事業を展開。山形県米沢市や三重県津市に工場を有し、国内外に20を超える関係会社、協力会社を持ち、国内の電機メーカーを得意先に業容を拡大、主力先であるシャープへの販売は全体の60%を占めるまでに至っていた。


平成16年9月期には324億4,300万円内外を計上していた。しかし、その後は減収基調となり、シャープに対する売値を低く抑えられ一社依存の体質が裏目に出た格好となっていた。また、多くのグループ企業に対する資金負担等により、平成17年9月期には特別損失として30億3,700万円内外を計上、11億8,700万円内外の大幅な赤字となった。更に18年9月期は同じく一連の処理により6億0,600万円内外の損失を計上して、同期末時点での自己資本比率は2.32%にまで目減りし、長期貸付金などで実質的には債務超過と見られていた。今期についても売上高は200億円を下回り、赤字転落の可能性が指摘されていたなか、今年6月には当社グループの振り出し手形が関西地区の金融業者間で注目を集めた経緯もあった...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


でんすけ⇒ 【マッサージ器】 NATIONAL エアーマッサージャー エアーキュット 足用 EP1601-S






2007年09月14日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形最新ニュース:【第64回ヴェネチア国際映画祭】三池、伊藤ら『ジャンゴ』ご一行が到着!ヴェネチアに嵐 | 山形県 新聞速報TOP | 山形速報-ガンコ親父の風合いを持った和パソ >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。