FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形特報-仙台大勢初の2階級制覇 全日本学生体重別柔道女子

在庫あります!新品未使用!感触はまるで、ミンクに触れたよう●最高級ミンクたっちラグ◆◆ベ...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071019-00000008-khk-l04
 東京の日本武道館で先日行われた柔道の全日本学生体重別選手権で、仙台大の女子選手2人が、男女を通じて東北勢初の優勝に輝いた。57キロ級・村井加緒里と63キロ級・田中美衣。快挙を成し遂げた2人は、異なる思いを胸に1カ月後の講道館杯全日本選手権に挑もうとしている。

 4年の村井は山形県庄内町出身。羽黒高から仙台大に進んだ。「私は東北人。東北の大学で磨いた力を試したかった」という。部活動ノートに記した「日本一」の目標を達成し、「夢のよう。努力すれば願いはかなう」と笑った。

 過去3大会は2回戦止まりだった。


だが今回、寝技を中心に勝ち上がり、決勝も肩車で崩した相手を寝技で仕留めた。元日本代表の南条(旧姓永井)和恵監督は「素晴らしい立ち技を持つが、通じないと気持ちが切れていた。大学で寝技を徹底的に練習した成果だ」と努力をたたえる。

 高い柔道センスの持ち主も「入学の時から大学で終わりと決めていた」といい、講道館杯が現役最後の舞台。就職も柔道とは無縁の企業に内定を得た。「自分の柔道をぶつけて燃え尽きたい」と意気込む。

 2年の田中は決勝で、3連覇を狙う1学年上の平井希(東海大)と対戦。昨年の決勝で敗れた相手に対して先手先手の組み手で攻め、延長戦の末に判定で勝利した。

 「決勝までいけるとは思ってなかった」と田中。一方で「試合間に集中力のオン、オフがしっかりできた」と勝因を分析する。

 滋賀県出身で京都・京都成安高出...

ニュースの続きを読む


◆これぞ究極のクエ鍋セット!大満足のお鍋をご家庭で♪◆通常6900円が福袋特価で限定2セット◆...






2007年10月19日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形ピックアップ! | 山形県 新聞速報TOP | 山形関係ネタ発見! 「家族に不満あった」=祖母刺殺の18歳少年-山形 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。