FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形速報-J2仙台 積極的な動きスペース生む 新たな得点源期待

在庫あります!新品未使用!消臭・抗菌・防臭・防音●ふわふわ高性能ラグ185x185ブライトルネス...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071017-00000011-khk-l04
 J2仙台は13日、アウエー鳥栖戦で3―0と11戦ぶりの複数得点で快勝した。先制は2試合連続となるCKから。今まで苦手としていた攻撃パターンだったが、相手のすきを的確に突いて得点につなげた。

 前半25分。梁勇基がニアサイドに入れたクロスを千葉直樹がタイミングよく頭で合わせた。序盤から運動量豊富な鳥栖に押し込まれ、前半のシュートはこの1本だけ。数少ない好機を確実に決め、劣勢だった試合の流れを引き寄せた。

 この場面、ゴール前に陣取った選手の積極的な動きが光った。ニアで中島裕希が走り回ってマークに付いた相手選手をかく乱。長身の岡山一成、万代宏樹、磯崎敬太、ロペスはファーサイドに陣取り、相手選手をゴールから遠ざけた。




 このことで、ゴール前にぽっかりとスペースが空いた。梁勇基は正確にクロスを入れると、千葉が落下点へ一気に走り込んでシュートにつなげた。首脳陣の1人は「鳥栖はこちらのストロングポイントを抑えようとしていたが、動いたことでうまくマークを外せた」と解説する。

 CKからの得点は今季の課題だ。CK数は234本と山形に次ぐリーグ2位の多さながら、得点につながったのはこれを含めて4点だけ。187センチの岡山を筆頭に180センチを超す長身の主力が5人いることを考えると成功率は低い。

 とはいえ、前節(10日)の山形戦でも岡山が決め、ここに来て歯車がかみ合ってきた。21日のC大阪戦から東京V、京都などJ1昇格を争う上位陣との対戦が続くだけに、新たな得点源は大きな武器となりそうだ...

ニュースの続きを読む


でんすけ⇒ 紙パック式クリーナー「きれい宣言」【掃除機】 HITACHI CV-PK500






2007年10月18日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形[農園付き宅地]「タダで貸します」団塊殺到 茨城・大子町 | 山形県 新聞速報TOP | 山形関係ネタ発見! がん治療 共同で専門医育成 東北大・山形大・福島県立医大 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。