FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形:日本で地域ごとにビッグマックの値段が違う理由

<代表的な特産野菜>(/^^)/青菜漬その昔長い冬の暮らしの越冬野菜・保存食山形グルメ10月第8...
 東京の繁華街・六本木のマクドナルドで販売している「ビッグマックセット」の価格は640円(約5000ウォン)。しかし、東海(日本海)に隣接する鳥取県のマクドナルドのビッグマックセットは560円(約4370ウォン)だ。 日本では今、新価格革命が起こっている。同じ商品でも裕福な地域では高く、そうでない地域では安く販売する「地域差価格」現象が広がっているのだ。 日本マクドナルドの担当部署は「同じ商品でも地域ごとに価格が異なる」と答えた。元々は同じ価格だったが8月に値上げし、住民所得、人件費、賃貸料などを考慮した上で、価格を地域ごとに5段階に分けたという。このため、東京近隣の千葉県のビッグマックセットは620円(約4840ウォン)、群馬県は590円(約4600ウォン)、九州の熊本県は580円(約4530ウォン)で販売されている。


その一方で鳥取、島根、山形県など5つの地域はむしろ値下げした。世界的に食材の価格が上昇する中で、これらの地域は例外といえる。 実際に、日本政府が発表した地域別所得(2004年基準)を見ると、東京(1人当たり456万円=約3560万ウォン)は全国1位、鳥取(237万円=約1850万ウォン)は下位圏の37位だった。また、人件費も東京のアルバイトの時給は1100円(約8600ウォン)、鳥取は700円(約5500ウォン)程度。こうした状況で、同じ商品という理由で同じ価格にすれば、地方の住民が賃貸料や人件費が比較的高い大都市の費用を代わりに払っていることになる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


在庫あります!モダン&ミンクのような肌触り♪モダンミンク 8帖カーペット 352x352 (江戸間8...






2007年10月17日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形最新ニュース:みちのくプロレスに“超大物”上陸!秋のビッグマッチが決定! | 山形県 新聞速報TOP | 山形最新◎京都は分ける=J2 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。