FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形ならこれ! 『伊勢神宮正月』を奉祝する「おおまつり」の『神嘗祭』始まる!=三重・伊勢

在庫あります!モダン&ミンクのような肌触り♪モダンミンク 10帖カーペット 352x440 (江戸間1...
【PJ 2007年10月14日】- 『伊勢神宮正月』を奉祝するお祭りが13日から始まった。伊勢神宮のお祭りの中で「神嘗祭(かんなめさい)」は1年中で大きな行事です。伊勢市民はもちろんの事、周辺の地域の人々、県内の中部地区、北勢地区、県外の人々(一日神領民)、日本全国から大切にされ、奉祝され、113年前から続いています。

 「神嘗祭」とは私たちの祖先が、自然に1年で1番のめでたい日、つまりお正月を位置づけたのは、その年の主食、命の糧である「お米」を神様にまつり、御神徳(ごしんとく)に感謝申し上げる最も由緒深い日の事です。

 お米の収穫に感謝し、その喜びを共に分かち合うおめでたい日でもあります。



15日、16日、17日が『神嘗祭』であり、伊勢神宮で執り行われる1600余りのお祭りの中で、「神宮正月」とも呼ばれる最も重要な祭儀です。この神嘗祭が20年の時を刻むと「大神嘗祭」となり『式年遷宮』となります。

 10月13日(土)から始まった伊勢神宮神嘗奉祝祭(神宮神嘗奉祝委員会主催)と「伊勢おおまつり(伊勢市主催)」の翌日は外宮領として、昼間はお祭り広場で各地域の共演、夕方から県営サンアリーナで「神嘗晦日祭(かんなめみそかさい)」があります。15日(月)「初穂曳(はつほびき)」、内宮領として16日(火)「五十鈴川・川曳(かわびき)」、17日(水)「宇治地区お祭り」まで行われます。

 協賛行事の「まつりの祭り」は午後4時から前夜祭で幕開け、お祭り気分を盛り上げる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


  (^0^*【共同購入第6弾&山形うまいもの・山形の漬物&きなみ(胡瓜・南蛮・茗荷)×2袋】






2007年10月16日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 最新山形情報:服役囚の健診で肺がん見落とし、国に4800万円賠償命 | 山形県 新聞速報TOP | 山形 名車120台が1000kmを走る 10月13日スタート >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。