FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

最新山形情報:補助金不正3年以上放置 「返す直前でした」は本当か 

夏のバーゲン!!!30%off【グリーンクラブ】セーター・ブルー・Mサイズ・春の新作!
   安倍晋三内閣の農水相がまたまた交代した。2007年9月3日に辞任した遠藤武彦・前農水相(68)が組合長を務めていた「置賜農業共済組合」(山形県米沢市)が補助金を不正受給し、不正発覚後も3年以上放置していることに批判が集ったためだ。不正受給されたカネは、9月3日に国庫へ返還されたが、遠藤氏の大臣就任がなければ「うやむや」のままだったのだろうか。責任の所在を巡っては歯切れの悪い「なすりあい」が始まった。 「組合の立場を強くするため、実績を増やしたかった」   遠藤氏は9月3日、安倍首相へ辞表を提出し受理された。退任会見で不正受給した115万円のうち、返還対象となる50万円を3日に国側へ返還したこと明かし、「国民に政治に対する不信を感じさせたことをお詫びする」と謝罪した。


就任した8月27日を含め、たった8日間の大臣の椅子だった。「対応を県に相談していたが、回答がなかった」「なぜすぐにやってくれなかったか」と「恨み節」も出た。   遠藤氏を巡っては、国から補助金を受ける独立行政法人から5万円の献金を受けていたことが発覚した。遠藤氏は8月31日、違法ではないが「疑わしきは整理する」として5万円の返還を指示した、と会見で語った。そして9月1日、朝日新聞朝刊が「特ダネ」の形で「置賜(おきたま)農業共済組合」の不正受給と発覚後3年間の未返還を報じた。遠藤氏の組合長就任は1982年、不正受給当時も発覚当時も組合長だった...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


夏のバーゲン!!!30%off【バラシ】★☆ボタンダウンシャツ☆★白地に黒柄☆Mサイズ★春の新作!






2007年09月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形 新聞:東北6県の夏祭り、人出3.6%減 | 山形県 新聞速報TOP | 山形 ホテルピックアップ! >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。