FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形 逝去したドキュメンタリー作家・佐藤真をしのぶ会執り行われる

送料無料♪一期一会の名物社長『重ちゃん』が大好物4品を選んだ『重ちゃん』セット!しかも人気...
 今年9月4日に死去した、ドキュメンタリー作家・佐藤真監督(享年49)をしのぶ会「佐藤真ナイト」が、「山形国際ドキュメンタリー映画祭」参加者が集う和風レストラン香味庵で行われた。 佐藤監督は、代表作の映画『阿賀に生きる』(1992)で、1993年に同映画祭優秀賞を受賞。2001年には「アジア千波万波」部門の審査員を務めたほか、同映画祭の常連だった。急逝だったため、今回、映画祭での追悼上映は間に合わなかったが、佐藤監督が講義していた京都造形芸術大や映画美学校の教え子たちが中心となり、ゆかりの地で皆と佐藤監督の想い出を語り明かそうと、しのぶ会を企画した。 会場に設置されたスクリーンでは、9月26日に東京・日本青年会で行われた「しのぶ会」の模様を1時間にまとめた映像と、佐藤監督の生涯を写真で振り返るスライドショー。


また、今年4月に撮影された京都造形芸術大での授業風景や、生徒達と一緒にラジコンを飛ばしてはしゃぐ珍しいビデオ映像も流され、会場ではすすり泣きが聞こえたかと思ったら、佐藤監督のお茶目な姿に笑いが起こったりと、それぞれが佐藤監督との想い出に浸っていた。 映画美学校の教え子の1人は「前回、佐藤監督はこの映画祭に来たとき、たくさんの人に『映画監督とは?』と尋ねてはビデオに収めていた。佐藤監督自身、ずっとそういう問いかけをしながら映画を撮り続けてきたのだと思います。残念ながら佐藤監督は亡くなりましたが、監督の映画はこれからも生き続けていくと思います」と目を潤ませながら語っていた...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


07西友歳暮-●福岡・山形/旬の果物詰合せ[01-0068-35]






2007年10月15日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形恐るべきハイクオリティ! 世界の映像作家が作ったカラオケ映像「映画に唄えば」 | 山形県 新聞速報TOP | 山形 京都は分ける=J2 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。