FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形最新情報・・・全国高校駅伝:県予選 青森山田、アベック13連覇 男女とも区間賞独占 /青森

在庫あります!新品未使用!モダンフランス製ラグ●モダンフランス製ラグ●エルモ133x190RED★
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071014-00000015-mailo-l02
 男子第58回、女子第19回全国高校駅伝競走大会の県予選(県高校体育連盟、青森陸上競技協会、毎日新聞社、東北町主催)が13日、東北町北総合運動公園陸上競技場を発着点とする周回コースで行われ、青森山田が13年連続で男女アベック優勝を果たした。男子(7区間42・195キロ)は2時間9分4秒で13年連続14回目、女子(5区間21・0975キロ)は1時間12分17秒で15年連続15回目の優勝。青森山田の男女チームは12月23日に京都市で開かれる全国大会に出場する。また、男女各上位4校は11月8日に山形県長井市で開催される東北大会に参加する。


【後藤豪、喜浦遊】
 ◆男子
 青森山田が3年連続で全区間賞を獲得し、他チームを寄せつけなかった。日本人だけで県予選を制したのは9年ぶり。
 1区(10キロ)の田村優典(ゆうすけ)主将(3年)は光星学院Aの木村翔太選手(2年)との並走がしばらく続いたが、7キロ過ぎから徐々に地力を発揮し、40秒リードしてたすきを渡した。2区以降も後続との差を着実に広げ、余裕を持って逃げ切った。
 なかでも光ったのが、3区(8・1075キロ)の田村優宝(ひろたか)選手(1年)。24分13秒の好タイムで1人で後続に2分以上の差をつけながらも、「後半は向かい風になり、最後が伸び悩んだ」と反省を口にした。
 光星Aチームは全選手が区間2位。山田にはかなわなかったが、安定した走り。十和田工は4区で八戸をかわして以降、3位を守った...

ニュースの続きを読む


在庫あります!新品未使用!撥水ダイニング6人掛け用ラグ●撥水●ダイニング6人掛け用ラグ220x2...






2007年10月14日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形最新ニュース:高校野球:秋季東北地区大会 青森山田、4強ならず 盛岡大付に敗れる /青森 | 山形県 新聞速報TOP | 山形:社会人野球:JABA東北地区連盟会長旗争奪選手権 フェズント岩手、敗れる /岩手 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。