FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形 黒川紀章さんを悼む 「社会と共生 世界に刺激」

でんすけ⇒ 【ボクハコウクウカンセイカン2 ナゴヤ】 ELECTRONICARTS TBLF-5301
 建築家であり、哲学者である-。2年前にドイツで大々的な回顧展が開かれたとき、現地紙は黒川紀章さんをそう評した。

 国内外の大事業を数多く手がけたが、作品の根底に独自の思想が流れていた。変化する都市の中で、姿を変えてゆく建築を提案した「メタボリズム(新陳代謝)運動」、周辺環境や多様で異質な文化との共存を可能にする「共生の思想」。その姿勢が、世界の建築界に刺激を与え続けてきた。

 東京都庁など数々の名建築を生んだ丹下健三氏の門下生。京大建築学科を卒業後、東大大学院に進学して丹下研究室に出入りした。26歳のときに大学院生の身ながら早くも独立した。




 しかし、数年間はほとんど仕事がなく、満足に3食もとれない日々。「奨学金で空腹をしのいだ」という。

 最初の大仕事は、山形県の寒河江(さがえ)市庁舎。ここに飾る彫刻を、世界的芸術家の岡本太郎氏に依頼した。予算もないのに体当たり。「岡本邸のドブ掃除を1日手伝うこと」で快諾させたという武勇伝も。昭和40年代には、メタボリズム理論を具現化した斬新な構造の中銀カプセルタワービル(東京・銀座)で脚光を浴びた。

 日本を代表する建築家の一人として海外の建築コンペにも積極的に参加し、世界各地でビッグプロジェクトに参画。活動は20カ国に及んだ。

 一方、文化人としてテレビや新聞などのメディアで積極的に発言。最近は政治に関心を持ち、今年4月の東京都知事選に出馬...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


でんすけ⇒ 【バトルフイールド2 スペシヤルフオース】 ELECTRONICARTS EMW-4176






2007年10月14日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形:◎東京V、首位札幌に肉薄=J2 | 山形県 新聞速報TOP | 山形ピックアップ! >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。