FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形って知ってます?

ポイント最大10倍★連続落札オークション!分けつ旺盛なネギの一種で栽培は比較的簡単!畑はも...
 ◇南陽市の視覚障害者・阿部和子さん
 置賜地方で2頭目、県内では5頭目となる盲導犬が、日本盲導犬協会から南陽市竹原の視覚障害者、阿部和子さん(42)に貸与されることが決まった。犬は現在、同協会仙台訓練センター(仙台市)で訓練している。11月下旬に阿部さんと犬との共同訓練に入り、早くて12月末にはパートナーとして一緒に生活できる見通しだという。阿部さんは中途失明者で、自立の難しさを痛感していただけに、今は「犬の配属が待ち遠しい」と喜んでいる。
 阿部さんは03年に緑内障を患い、山形市内の病院で9回にわたって手術を受けた。しかし、症状は良くならず、2年前に失明した。


阿部さんは「(入院していた)病院の8階から飛び降りたら、どれだけ楽か」と自殺も考えたが、当時の医師や看護師から「子どもはどうするの。見えなくても母親としてできることはあるでしょ」と諭され、思いとどまったという。
 見えている世界から突然見えなくなる中途失明者にとって、日常生活や社会参加は容易ではない。阿部さんは「家族の負担になりたくない」と、行政やいろんな人のつてを頼って自立の仕方を相談し続け、結局知人から「盲導犬の使用者になる方法もある」とアドバイスを受けた。
 05年度には短期リハビリテーションを受けていた日本盲導犬協会に盲導犬の貸与希望者として登録。県の給付事業にも認定された。今年8月末に職員の面接を受け、犬との体験歩行もした...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


でんすけ⇒ ウォーターオーブンヘルシオ 家族サイズ26L【電子レンジ・オーブンレンジ】 SHARP ...






2007年10月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形特報-i-revoが携帯電話を使って非視聴地域を対象にアニメ「スカイガールズ」を配信実験 | 山形県 新聞速報TOP | 山形全国高校駅伝:県予選 都大路目指し、あす号砲 /青森 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。