FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形って知ってます?

山形県庄内町産米100%使用のせんべい!スペシャルコシヒカリ ごませんべい  28枚バラ詰め
 山形県は、平成22年10月にデビュー予定のうるち米の新品種「山形97号」を“コシヒカリを超える”ブランド米として売り出す計画を進めている。食味試験は好結果というが、全国的に消費者のコメ離れや低価格志向が進むなか、高値高級品種としての方向性を打ち出す山形県に勝算はあるのか。(松本健吾)

 山形97号は平成10年、山形県農業生産技術試験場庄内支場(鶴岡市)で「山形70号」と「東北164号」の交配により誕生した。関係者を驚きとともに喜ばせたのは、同試験場で行われた炊飯米の食味試験で外観や味、粘りなど多項目で、同条件下で生育されたコシヒカリに勝ったことだ。




 同試験場では、年間約60~70系統が交配され、300~400種の食味試験が行われるが「試験場史上でも、コシヒカリをこれほど上回る良味は初めてだった」(小南力支場長)という。

 しかし、山形県は、おいしいから高値が付く銘柄米になるとはかぎらないことを経験から身にしみて知っている。

 4年に世に送り出した「はえぬき」。県内作付けの6割以上を占めるこの主力品種は、味では10年以上連続で、日本穀物検定協会の食味ランキングで特Aに認定されるなど新潟県の高級銘柄「魚沼産コシヒカリ」と肩を並べる評価を得ている。

 それに比して平均落札価格では1位の魚沼産コシヒカリ(18年産60キロ2万8216円)に対してほぼ半値、全体の33位(同1万4500円)と低迷...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


でんすけ⇒ スタンド 【松下電工 照明】 NATIONAL SA206






2007年10月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形全国高校駅伝:県予選 都大路目指し、あす号砲 /青森 | 山形県 新聞速報TOP | 山形【大空にかけた青春】予科練の群像 特攻精神 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。