FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形【大空にかけた青春】予科練の群像 特攻精神

新米送料無料玄米30kg!ポイント最大10倍★連続落札オークション!米どころ山形県奨励品種米「...
 「戦火が激しくなったころ、土門は時局に背を向け、日本文化の探求に自己の存在価値を見いだそうとした」

 報道写真の鬼といわれた土門拳は後世、このように評された。土門は戦時中、従軍写真報道班員として戦場に駆り出されることを拒み続けた。その一方で、日本の古典、弘仁彫刻、文楽人形浄瑠璃、仏像撮影などの撮影に心血を注いだ。

 そんな土門も昭和19年6月ごろには、飛行予科練習生の姿をカメラに収めるため、土浦海軍航空隊の「入野分隊」(第31分隊、入野光夫分隊長)で練習生と一緒に汗を流し、寝食をともにしていた。ただ、それらの事実は生前、土門自身の口からほとんど語られることはなかった。




                  ◆◇◆

 58年に郷里の山形県酒田市に完成した土門拳記念館。記念館の年譜などによると、13年、当時の外相、宇垣一成(大将)のルポした「日曜日の宇垣さん」が、「婦人画報」(9月号)と米国の雑誌「LIFE」(9月5日号)に初めて土門の署名入りで掲載された。

 報道写真家としての地位を着実に築き始めた土門。戦争突入前夜の15年9月には、青年報道写真研究会を結成。その中心メンバーは「日本報道写真家協会」を組織し、「紀元2600年奉祝撮影奉仕隊」を編成した。

 青年報道研は13年に土門が仲間に呼びかけたのが結成のきっかけ。参加者には田村茂、藤本四八、梅本忠男、加藤恭平らがいた。

 そのかたわら、土門は古典に目を向ける...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


新米送料無料玄米30kg!ポイント最大10倍★連続落札オークション!米どころ山形県奨励品種米「...






2007年10月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形って知ってます? | 山形県 新聞速報TOP | 山形特報-合併 再び協議も 新庄など8市町村 首長ら前向き発言 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。