FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形最新ニュース:住まいはネットカフェの監督が製作費3万で撮った衝撃作! 野望は普通の生活【山形国際ド

でんすけ⇒ 【オヤジノチヨウセン オトコノウノウドリル2】 MEDIAKITE MKO-022
 開催中の「山形国際ドキュメンタリー映画祭」で、今話題のワーキングプアー問題を、身をもって体験したユニークなドキュメンタリー『遭難フリーター』が、日本ドキュメンタリーの新作を上映する「ニュー・ドックス・ジャパン」部門で上映された。

 同作品を1人で作りあげたのは、宮城・仙台出身の岩淵弘樹監督(24)。岩淵監督は大学卒業後、あこがれれの東京を目指して、まずは埼玉・本庄市で資金を稼ぐことに。平日は、某大手企業の工場で、時給1250円の単純労働をし、土日はインターネットカフェで寝泊まりしながら、東京で日雇いの肉体労働という日々。しかし、大学時代の奨学金約400万円と2003年に「人間の盾」としてイラクへ飛んだ際の渡航費50万円という借金の返済を抱えた身では、ちっともお金が貯まらない。


映画は、そんな煮え切らない日々を、ビデオ日記としてつづったものだ。

 岩淵監督は「日雇いの派遣をしている間に“就職しない若者”の代表のようにマスコミの取材を受けた様子も映画に盛り込んでいるが、自分の言いたいことが伝わってないような気がして、このビデオ日記のように撮っていた映像を映画にしようと思いました」という。

 製作費は約3万円。2か月かけて編集した初監督作が、映画祭に招待されるという快挙を成し遂げたのだが、岩淵監督は現在、地元に戻り、時給850円のフリーター中。

 映画祭参加用のポスターなどの制作費4万円と、山形までの旅費2万円を祖父に借金してやって来た...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


でんすけ⇒ ◎メ在庫30台以上 ソフトレザーケース【iPodオプション★】 ELECOM AVD-LCRANN2BK ...






2007年10月11日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形最新情報・・・[将棋]羽生が久保を降し王座戦16連覇 | 山形県 新聞速報TOP | 最新山形情報:横浜大島が“川崎山脈”攻略に自信 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。