FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形についてのメモ。

分けつ旺盛なネギの一種で栽培は比較的簡単!畑はもちろんプランター等でも栽培可能。アサツキ...
 山形県村山総合支庁は12日、豪雪地域に住む県民の負担軽減策を考える産学官の連携組織「やまがた ゆきみらい推進機構」を立ち上げる。実用的な「克雪」技術の開発や、雪の冷熱利用など「利雪」の可能性を研究し、雪に強いまちづくりを推進する。

 国の雪氷防災研究センターや県、村山市、山形大、東北芸術工科大、民間企業でつくる消融雪システム研究会の6団体が発起人となって設立。企業などの会員を募る。

 最初の取り組みとして今冬、日本有数の豪雪地帯である尾花沢市をはじめ、村山、東根両市、大石田町の集落で融雪実験に着手する。公共施設など数カ所に、県内企業が開発した温水による融雪装置を設置。


効果や改良点を学術的に検証する。

 同支庁は3年前、本格的な雪対策プロジェクトをスタートさせた。流雪溝整備、過疎地や高齢者世帯の除排雪体制の支援に取り組んできた。多様な対策を繰り出してきたものの、横の連携がないため効果は限定的で、プロジェクト全体も壁にぶつかっていたという。

 推進機構は「拡散した知恵を結集し、新たな突破口を見いだそう」(同支庁雪プロジェクト推進班)と企画された。産学官を融合させ、情報の収集と発信を強化。県民のニーズと大学などの研究機関、民間企業のマッチングを図る。

 「利雪」の分野でも、村山市が取り組む雪室庫を活用したコメやそば、山菜などの地域特産品開発を支援。雪に関係したイベントの開催にも協力していくという...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


   青とび焼海苔






2007年10月10日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 最新山形情報:横浜大島が“川崎山脈”攻略に自信 | 山形県 新聞速報TOP | 山形NEC、小中学生向けPC組立・工場見学体験イベントを山形県米沢市で開催 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。