FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形落合竜 奇跡の逆転Vへカンフル剤注入

でんすけ⇒ ◎メ在庫30台以上 インクタンク BCI-24Black ブラック(2個入り)【インク】 CANON 68...
 窮地に追い込まれて、人は何を考える。もがき、苦しむのは当然。そこから局面をどう打開するか。現状が好転するのを待つか、新たな策を講じるのか。中日・落合監督は後者を選択した。しかも残り5試合の時点で。タクトで兵を奮わせた。
 今季140試合目。30日の広島戦で井端、荒木の1、2番を組み替え、中村紀、森野の3、5番コンビも入れ替えた。前日、ファーム選手権で日本一を奪取した若手5選手も山形から呼び寄せた。カンフル剤であり、起爆剤。可能な限りの手を打った。
 巨人の頭上に輝く優勝マジック「2」の数字。落合竜に課せられた至上命題は白星の連鎖のみ。ただひとつの敗北も許されない。


負けは死に直結する。がけっぷちの戦いの中、生きる道をオレ流サイ配が切り開いた。
 初回、先頭の荒木が左前打。2球目に二盗。井端が二ゴロの進塁打。一死三塁。森野が中前適時打。わずか10球の先制パンチ。9月23日の対決で完封負けを喫した右腕へのリベンジ。勝利への道筋は鮮やかに整った。
 「何が一番いいのかを考えないとな。今は1、2番の調子がいいから。4番までに何とかしないといけないから」。最近3試合で打率5割、リーグトップの31盗塁を誇る荒木のイキと足。井端の自在性。両者の効力を最大限に引き出した。
 それでも心の底から喜べぬ白星。1日の広島戦に連勝しても、竜に自力優勝の可能性は復活しない。巨人が残り2試合に連勝してしまえば、オレ竜軍団の心臓は止まる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


でんすけ⇒ GREENHOUSE GH-GL4M






2007年10月08日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形最新先人の歩み踏みしめ 加美―尾花沢 最上街道を25人散策 | 山形県 新聞速報TOP | 山形マーク・ビアンキの新ユニット=xoxo, pandaの来日公演が決定! >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。