FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形速報-世界のいま映す138本 山形国際映画祭が開幕

香り高く甘味濃厚な葡萄の女王・山形産エコ栽培ぶどう《安芸クィーン》【種なし】【とても甘い...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071005-00000012-khk-l06
 世界各国で撮影されたドキュメンタリー映画の2年に一度の祭典「山形国際ドキュメンタリー映画祭2007」が4日、山形市で開幕した。11日までの8日間、市内5会場で、メーンの「インターナショナル・コンペティション」「アジア千波万波」両部門の出品作など計138本が上映される。

 市中央公民館(アズ七日町)であった開会式で、主催のNPO法人「山形映画祭」の田中哲理事長が、両部門の監督と審査員、市民ら約500人を前に「市の財政支援や市民ボランティアなどに支えられ、節目の10回目を迎えることができた」とあいさつ。


市川昭男市長は「国境を越えた交流で友情と相互理解が深まることを願っている」と述べた。

 開会式に続き、昭和初期の「記録映画の祖」と称される塚本閤治(こうじ)監督(故人)が蔵王連峰を撮影した「Mt.Zao」、山形映画祭の提唱者、小川紳介監督(同)の「牧野物語・峠」の二作が連続上映され、オープニングを飾った。

 コンペ、千波万波の表彰式は市中央公民館で10日行われ、受賞作は最終日の11日にアンコール上映される。
 市中央公民館以外の4会場は、ミューズ、フォーラム、山形市民会館、東北芸術工科大。連絡先は映画祭事務局023(666)4480。山形映画祭のホームページもある。


[1円祭!]ソファーベッド!リクライニング仕様!!これはかなり激安です!!940






2007年10月05日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形特報-L&G出資法違反 福島と山形5カ所捜索 合同捜査本部 | 山形県 新聞速報TOP | 山形竹中直人と秋元康による“コメディ×ホラー”映画とは? >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。