FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形県 マコモダケで集客アップ 鶴岡・温泉施設が直売所で販売

【傷があります】食べても良し!ジャムや料理などにも良し!傷あり訳あり自宅用【送料無料】わ...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071003-00000010-khk-l06
 健康野菜として注目されているマコモダケを通じて誘客を図ろうと、山形県鶴岡市長沼の温泉施設「ぽっぽの湯」が、併設する農産物直売所や食堂で販売に力を入れている。収穫最盛期を迎え、「マコモだけ弁当」を近く期間限定で提供し、売り込みを図る。

 マコモダケはイネ科の多年草で、食物繊維やビタミン類が豊富。タケノコとアスパラの中間のような食感で癖がなく、幅広く料理に使えることから、宮城県をはじめ全国で栽培が盛んになっている。

 収穫期は9月下旬から10月いっぱいで、今が最盛期。ぽっぽの湯では外皮をむいた茎の根元部分(長さ20センチ前後)を2、3本入りにし1袋200円で販売。


食堂ではきんぴら風や天ぷら、ベーコン入りいため、サラダ、かす漬けなどにした特製弁当を5日から20日ごろまで、1日限定10食、800円で提供する。

 施設の目玉になる新たな特産品を育てようと、同温泉の農産物直売所に出荷する農家グループが本格的に取り組み、今年の作付けは昨年の200株から700株に増えた。地元ではまだなじみが薄いものの、マコモダケが買える直売所はほかになく、レシピを添えてPR。16日には地元の小中学校の給食に提供し、新食材の知名度アップを図る。

 同温泉の板垣久喜支配人(60)は「収穫期などが稲作と重なるため、大々的に作付けを増やすわけにはいかないが、生産農家を徐々に増やしながら、特産化を進めていきたい。弁当に加え、今後は通年販売できる加工品の開発も目指したい」と話している...

ニュースの続きを読む


送料無料30kg!ミルキークイーンはやわらかい食感で腹もちもよく、特に柔らかい米が好みの方に...






2007年10月03日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形:山形でホラーって! 日本初の本格ホラー・コメディーに竹中×秋本康の化学反応は? | 山形県 新聞速報TOP | 山形県「はえぬきの宿」認定 山形県産米の提供旅館をPR >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。