FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形県についてのメモ。

玄米食で健康に!19年産 山形県産 ササニシキ玄米 5kg
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071001-00000006-khk-soci
 年間の自殺者が9年連続で3万人を超える中、自治体による自殺対策は、自殺死亡率が高い秋田、岩手、青森など東北地方で進む一方、東京など大都市で立ち遅れる傾向にあることが30日、特定非営利活動法人(NPO法人)「自殺対策支援センター ライフリンク」(東京、清水康之代表)の全国調査で分かった。

 対策の内容を50点満点で評価すると、秋田県が44点でトップ。自殺死亡率(10万人当たりの自殺者数)は42.7と全国最悪だけに、県を挙げての努力が数字に表れた。最下位は山梨県で、得点になる施策がなく零点だった。
 自殺者数が2510人と昨年最多の東京都は、多重債務者支援に乗り出しているが、他の施策が乏しく、19点、38位に低迷している。




 今年6月に策定された国の自殺総合対策大綱は、地域の実情に応じた対策を求めているが、自治体間の“温度差”が浮き彫りにされた形だ。
 調査は8月末から9月中旬にかけて47都道府県と17政令指定都市を対象に実施。自殺総合対策大綱の重点施策に沿って、9月10日時点での対策協議会設置の有無や活動状況、遺族支援、民間団体への支援などを評価した。

 評価によると、トップの秋田県に続き、自殺率死亡率2位(34.1)の岩手県(43点)、6位(31.1)の青森県(40点)が2、3位に入った。3県は自殺死亡率が高いため、官民挙げて対策を強化しており(1)対策協議会のメンバーに多重債務や労働問題などの専門家が参加(2)財政・人材育成面でも遺族、民間団体を支援―などが高得点の要因になった...

ニュースの続きを読む


クラウンプラザ神戸ザッハトルテ5号






2007年10月01日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形県関係ネタ発見! <市長選>新庄市(山形県) 山尾順紀氏が初当選 | 山形県 新聞速報TOP | 山形県 <市長選>新庄市(山形県) 山尾順紀氏が初当選 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。