FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

山形 観光地ならこれ! 観光PR:真澄の道で「魅力再発見キャンペーン」--県内各地の道の駅 /秋田

p(^-^)p【送料込み】【山形限定】■しかも同梱あり(^o^)ゞ 【キティーちゃん6点チョイス♪♪♪...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070901-00000063-mailo-l05
 ◇ガイド案内、宿泊券当選も
 江戸時代後期の紀行家で、県内各地を旅した菅江真澄(1754~1829)の足跡を紹介し、秋田の観光の魅力をPRする「菅江真澄の道と秋田の魅力再発見キャンペーン」(国土交通省秋田河川国道事務所など主催)がこの夏、県内各地の道の駅などで開かれている。道の駅「てんのう」(潟上市)と「協和」(大仙市)では、真澄が紀行文に残したゆかりの地をボランティアガイドが紹介するほか、道の駅を巡れば宿泊券などが当たるスタンプラリーも実施。178年前に没した旅人が観光アピールに大活躍だ。


【百武信幸】
 菅江真澄は76歳で仙北郡(現仙北市)で死去するまでの延べ29年間を秋田で過ごし、見聞録を絵や文章に残した。キャンペーンは、県内外の観光客が増える時期に、200年前の秋田に暮らす人々の生活をいまに伝える真澄の魅力を伝えながら、同時に秋田の観光名所を紹介しようと企画された。
 「てんのう」でボランティアガイドを務めるのは、男鹿市菅江真澄研究会の鈴木政巳さん(72)。お盆休みの観光客でにぎわった8月15日には、山形県から観光に来た若い夫婦に、真澄が描いた入道崎から約1キロの小島「水島」の絵を指し真澄が丸木舟で渡った話を紹介しつつ、「入道崎から眺める夕日は絶景ですよ」と男鹿をアピール。鈴木さんは「菅江真澄は今にも通じる観光地を歩いているので、秋田の良さを知ってもらうのにちょうどいい」と話す...

ニュースの続きを読む


絵葉書(蔵王樹氷)






,,

2007年09月12日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 山形 旅行特報!-“天下取り”狙う観光地 大河ブーム定着が悩み | 山形県 新聞速報TOP | 最新山形 観光地情報:<中越沖地震>東北発、新潟支援格安バスツアー >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。